シュナ暮らし

No  407

しつけについて振り返る

「しつけ」というカテゴリーをもうけていますが、
これらは参考にはなさらないでください。
記録として残しておりますが、飼い主としては
後悔していることも多々あります。




スポンサーサイト
別窓 | しつけ
∧top | under∨
No  39

パピー教室(動物病院編)

動物病院のパピー教室では参加が我が家だけでして、マンツーマンで教えてもらったのでした。

聞けてよかったことのひとつは、ふだんのフードをどんどんしつけに使いましょう、ということでした。

それまで、おやつのパピー用ボーロをたまにごほうびにあげていました。
おやつはなんとなくやりすぎたらダメな気がして、ごほうびとしては控えめでした。「イイコ」などのことばで褒めるほうが多かったです。
フードなら、栄養面で問題なし!1日トータルでカロリー調整すればOKと。
あと、飼い主との関係がまだできてない時期、フードやおやつはこいぬ君にとってわかりやすいごほうびになるし、動作の誘導に使えるという良さもあるんですねぇ・・・
トレーナーさん、数分のうちにこいぬ君に「フセ」を覚えさせてくれました( ̄□ ̄;)

聞けてよかったことのふたつめ、ケアに慣らしている段階では、子犬が嫌がったら無理をしないこと。
歯みがきなら、おいしいペーストをつけて、歯を1本だけ磨いてやめる。
そして、またペーストをつけて、別の歯を磨く。
「あれ?もう終わり?」と、子犬が感じるぐらいでやめるのがコツなんだそうです。

足のつめきり、これも1日でぜんぶやろうと思わずに、今日は右の前足だけ、とか指1本だけ、とか数回にわけてやるほうがいいそうです。

いろいろ質問にも答えてもらえました。
・食糞にかんしては、やはり発見したとき騒がず片づけること。
・おしっこが7割、うんちに至っては3割ぐらいのトイレ成功率・・・なのは、3か月の子ならよくできてるほう。
 ペットシーツが汚れていると、そこを避けてトイレしようとして失敗することがあるので、毎回とりかえるほうが良い。
・留守番が苦手というか、ちょっと分離不安の気がある、ということについては・・・これはそのうち治るということではなく悪化することがある。
 ①短時間から根気よく留守番の練習をする
 ②コングを活用する
 ③「マテ」の練習をはじめる

 「マテ」はまだこの月齢ではあまりできないと思うが、飼い主はちゃんと戻ってくるよ、ということを本人(犬)がわかるようになるためにいいんだそうです。

別窓 | しつけ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  13

吠える、鳴く

最近、こいぬ君の吠え(鳴き)声が目立つようになりました。
・一人にされるとキャンキャン
・ご飯の準備中にワンorキャンキャン
・散歩で他のわんこを見つけるとワンワン

ご飯のときのは、嬉しさのあまりの声のよう。
鳴いてるときは、飼い主は別室に行ってこいぬ君のクールダウンを待ちます。

飼い主がベランダに出ただけでも鳴きます・・・寒いけれど、鳴きやんでから室内に戻ります。すぐ戻ってくるってことを早くわかっておくれ~


「んもぅどこいってたんだよ」
別窓 | しつけ
∧top | under∨
No  22

パピー教室(ドッグトレーニング編)1回目

犬が好きで、たまに出会えると吠えてしまうこいぬ君・・・。
近くでやっているパピーパーティやパピークラスなどの機会を、より貴重に思います。
ドッグトレーニング教室が隣の市に最近できて、パピー教室もされているとわかり、申し込んでみました。

最初のレッスンの内容は、「リードコントロール」でした。

次に、足元でのお座り・伏せ。

レッスンでは、この状態でこいぬ君の興奮をしずめて、先生のお話を聞きます。




そのあとはちょっと遊びも取り入れたりしつつ、
膝の上であおむけにして手足やマズルなどを触る練習も。



子犬どうし遊ばせるフリータイムでは、こいぬ君の性格などを先生がみてくれて、
ボーダーコリーちゃんやゴールデンレトリバーくんと一緒にしてくれました。

3人は教室の端から端まで使って追いかけっこを楽しんでいました。
ボーダーコリーはとても賢く活発といいますが、人の足のあいだをくぐって逃げたり、
椅子の下をトンネルのように走り抜けて行ったり、お見事!でした。

教室は1時間で、フリータイムはそのうち数分ほどでした。
こいぬ君があんなふうに走り回って、甘噛みしあったり、ひっくり返されても全然めげなかったり、
初めて見ました。いまのこいぬ君は、ヒトよりも犬どうしのが好きなんじゃないかな、という気がします。





別窓 | しつけ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  37

パピー教室 2回目

教室に到着早々、吠えるこいぬ君。
リードを使って、興奮をしずめる方法を教えてもらいました。
しかし、なかなか時間はかかります。 

今回のテーマは「オスワリ・フセ・オイデ」。
いろんな場所でできるように練習しましょう、という宿題がでました。
オスワリ・フセは興奮をしずめる姿勢でもあるので、こいぬ君にとって特に大事です。






教室が終わってから、近くの犬OKのカフェへお昼を食べに行ってみました。
早めの時間だったので、テラス席は私達だけでした。

イス(犬専用)ではごそごそして落ちそうになるので、足元で「フセ」(リードを踏んでいます)。

こいぬ君は、パピー教室で遊んで眠くなっていたので、
足元でウトウトしはじめました。

無垢の木の床の寝心地はどう?

そのあと公園へ行ったのですが、ゼロゼロ言うまで吠えまくり、興奮をしずめるどころでなく、
すぐに帰りました・・・。
別窓 | しつけ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| シュナ暮らし | NEXT