シュナ暮らし

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  402

どこでも寝る男(ねるお)

P1030579.jpg
@椅子の上


P1030582.jpg
反対側から


P1030581.jpg
顔のアップ



椅子に座って作業してましたらば、ロッチが隣の椅子に乗ってきます。ホリホリして、丸まって寝だす。
なんとなく、落ちないように椅子をくっつける下僕飼い主…

器用に寝ます。




スポンサーサイト
別窓 | 今日のひとコマ
∧top | under∨
No  406

山へ…?

GWは、ちょこちょこ出かけてましたが
いつもの休日と そんな変わらない生活でした

こどもの日は 近くの山に出かけてみましたが、蚊に刺されまくり
ロッチのまわりにもたかってるのを見て 早々に引き返す…。
対策不足でした


ふもとの駅前にある カフェ、
テラス席 わんこOKかダメモトで尋ねてみると こころよく受け入れてくださり、
しかも ロッチにもお水を持ってきてくださって。。




ロッチに ちょっとだけ付き合ってもらって、とうちゃんは生ビール(プレモルだそうでした)。涼めました~~





別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  404

毎日 見送り

とうちゃんの出勤は朝早い。

寝ぼすけロッチは、誰が教えたわけでもないのに




起き出して、いついかなるときも玄関先まで見送る…




「いってらっしゃい」して
再び寝るのでした。。





別窓 | 今日のひとコマ
∧top | under∨
No  405

ケージフリーへの試み①~その前に

そもそも なぜ留守番時フリーにしてみようかと思ったか、なんですが…


帰宅すると、ケージの中はさほど荒れてない。
けど、どうもあんまり 留守中 寝れてないみたいで。
飼い主にくっついて すぐに寝だすことも。





あと、ケージの中のベッドを噛んで振り回す姿が…何かやつあたりっぽい…
それに、普段から ケージ内ベッドで横にはなっても 寝るところまでいかない。

ベッドをケージの外に出してみると、
そこで寝だすことはありました。

ケージの中は、ロッチにとっては 落ち着く場所ではなかったようでした。。


P1030570.jpg


それにしても 一番の心配は、
好奇心旺盛で どこにだって侵入するロッチを フリーにして、大丈夫なのかと。
寂しがりだし。
実家のワンコは留守番フリーですが、彼女はもう9歳で落ち着いてるし…。う~ん。

…で、延び延びにしてたんですが、
分離ストレスというのは ケージ閉じ込めをやめると改善したりするらしい、と知り。。

もしそうであるならば、やってみようかと思いました。留守番で不安になっても、好きなところで過ごせたら 何か変わるかな?と。





とうちゃんは、留守番時フリーに反対でした。
「危ない」「なんかあったらどうする」と。リビングでフリーにするのは 私もこのときはまだ不安でした。

それで、まずは空き部屋(物置きと化していた)を片づけて、ワンコ部屋にしてみることにしたのでした。







別窓 | ケージフリー化 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  403

しっぽパタパタ

[広告] VPS


寝息をたててます。どうも、夢を見ているらしい?




別窓 | 今日のひとコマ
∧top | under∨
No  408

ケージフリーへの試み②

使ってない部屋を、にわかワンコ部屋に。

これは、失敗に終わりました。
ドアを閉めると ちょっとの間でも、鼻鳴き&「出してぇ~」の声…
ドアを開けてるときは、トイレ以外では寄りつかない。

…もともと人間がほとんど出入りしてなかった部屋です、においも無いし、家に来て1年半たって 突然「さぁ入れ」と言われても さぞ困惑しただろうと思います。。

ケージと比べて、動ける広さはあったけど…
飼い主側としても、安全管理しやすかったけど…
これではダメだ、と第2案へ。

ロッチの一番好きな場所、リビングその他を留守番時に開放することに。

でもいきなりは怖すぎるので、ゴミ出し程度の外出(?)から様子を見ました。

次は、飼い主が別室に籠る時間を増やしていきました。ロッチは自由に。
ドアの前で飼い主が出てくるのを待つか、何かしらいたずらをやらかしてくれるロッチでしたが、散歩のあとで眠気MAXだったのでしょう、あるとき そうっとドアを開けると リビングの窓際で横になっているのが見えました。
いたずらをするでもなく、ぽかぽかの日当たりの良い場所で寝てました。





これが、「ケージフリー、いけるかも?」と思った瞬間でした。

あと、この頃 柵をしてあった和室(寝室)も出入り自由にしました。

出入り自由にしてからのほうが、和室に置いてあるもの(本とか洗濯物とか)にちょっかいだす頻度がぐっと減りました。
爪で畳がいたむ心配も、無用でした。



ガーゼケットの上で寝る


人間が心地よいと思うスペースは、だいたい心地よいみたいでした。

あと ロッチにとって 飼い主のニオイがする、というのも肝心なようです。


P1030603_201505142236549d3.jpg


心配だった安全面とトイレのことは、次に…;







別窓 | ケージフリー化 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  409

ケージフリーへの試み③

留守番時にケージを使わない…にするにあたり、カベになったのが 「危ない」ということでした。

物の無い部屋なら良いんですが、片付け下手で



足拭きタオルをおもちゃにするロッチ


こわかったのが、感電と誤飲でした。

対策として
電気コードは家具の後ろに隠すか、不在時はすべて 電源から抜く。
コンセントキャップをつける。
(電気コード類や壁にはふだんまったく無関心ですが…どうも心配で)
飲みこんでしまうといけない物は、すべてしまうか 手の届かないところに。

よく侵入して出られなくなる(!)風呂場は、必ずドアを閉める。

あとは…ストレスかけずに疲れさすべく、散歩を。






トイレトレーは、ワンコ部屋に1個(ケージごと)、リビングにも1個(元々ケージがあった場所)。
だんだんと ワンコ部屋のほうでしか しなくなりました。

短時間の外出で 大丈夫そうでしたので、留守番の際 リビングその他を自由に行き来できるように。


ロッチは無事か?
部屋はどれだけ荒れているか…?
ドアを開けるときは まだおそるおそるなんですが、
現在までのところ 意外なほど平和に留守番してくれています。。


P1030563.jpg


分離ストレスのほうで、わりとすぐに見られた変化。
鼻鳴きが減る。
帰宅後の興奮度合いがまし、落ち着くのも早い。
そのへんの本や雑誌だけでなく、標的にされてたベッドなどの破壊行動が無くなる。


帰宅時 玄関まで走って迎えに来るんですが、
早く帰ってきた日には
爆睡してたなという感じの出遅れと、
寝ぼけ眼、ヒゲの寝ぐせ。ホッとします。
そして もう帰ってきたの?みたいな態度も


fc2blog_201505131356081b3.jpg
好きな寝場所


早く帰ることが何よりでしょうが、そんなロッチを見て 飼い主としても
「ごめん」より「留守番ありがとう」が自然と口から出るようになりました。







別窓 | ケージフリー化 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  397

赤ちゃんと俺


赤ちゃんには優しい俺だぜ。
だけど、急に動くからビックリするぜ。



友人の赤ちゃん、甥っ子と続けて会いました。
甥っ子は人見知りが始まってるみたいなんですが、初めて間近で見る「イヌ」という生き物に、ニコッ!
友人の赤ちゃんもとっても可愛い笑顔を見せてくれて。

そうか、赤ちゃんも 犬を見ると嬉しいのか。


ロッチは顔を横向けたり 我関せずな態度で。兄ちゃんぽく見えました。





別窓 | 今日のひとコマ
∧top | under∨
No  413

布団の上のニコちゃん




笑ってるように見えるのは、たまたまですが…
枕を愛するワンコです。




別窓 | 今日のひとコマ
∧top | under∨
| シュナ暮らし |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。