シュナ暮らし

No  132

キノコやら木の実やら その2

こいぬ君が食べようとする木の実とキノコについて、ちょっとしらべてみました。

○薄黄色の木の実
大きさはドングリぐらいで、若い実は青いところが残っています。
果皮に点々があって、小さな梨みたいにも見えます。一見、美味しいのかもと思えます。

fc2_2014-02-01_00-51-46-103.jpg

センダン
果実は長径1.5-2 cmほどの楕円形の核果で、10-12月頃に黄褐色に熟す。秋が深まり落葉してもしばらくは梢に果実が残る。果実は果肉が少なく核が大きい。たまにヒヨドリなどが食べに訪れる。しかし
サポニンを多く含むため、人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至る。

(Wikipediaより)

・・・!(滝汗)




○茶色のキノコ

fc2_2014-02-01_00-52-06-121.jpg
キノコは難しいです、よく似たのがたくさんあって・・・。傘の裏側のヒダの部分が茶褐色なのですが、単に古くなって色が変わっただけかも?
茶色のキノコは、食べられるものが(他の色のキノコに比べると)多いようではあります。。

○白くてふくらんだマッシュルームみたいなキノコ
「ホコリタケ」(いちおう食べられる)かな??と・・・。でもなんかちがうような?キノコの分別も、数と経験が必要な気がします。素人判断はキケン・・・。




明日からの散歩コース、どうするかなぁ





fc2_2014-02-01_01-37-37-602.jpg
「あのみち、すきなんだけどな」 



スポンサーサイト

別窓 | 6か月 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| シュナ暮らし |