シュナ暮らし

No  376

シニア犬セミナー

シニア犬セミナーに行ってきました。

ロッチは若いですが、実家に9歳のワンコがいます。
瞳がすこし白くなってきています。

お話してくださったのは、
老犬介護のプロフェッショナルと
シニア犬カウンセラーの方です。
飼い主の側からすると、相談してアドバイスしてもらったり 不在時に家に様子をみにきてもらえたりって 心強い存在だと感じました。


いまから2ワンに 私たちができること
全体の観察をして 変化に気づけるようにする
 (自分からは訴えてこないので かなり注意がいる)
首・腰も含めた関節をいたわる
食べ物に気をつける



たとえば、関節をいたわることだと
ロッチは椅子に飛び乗るんですが
フローリングの床への飛び降りはさせないようにしたいと思いました。
着地時の衝撃は軽視できないそうで、積み重なると 心配だなと(´_`;)

山芋とかオクラとか納豆なんかの「ネバネバ」(コンドロイチンが多い)は関節に良いらしいですが、購入してみたシニア用フードのサンプルの成分を見てみたら グルコサミン・コンドロイチン ちゃんと入ってる…!
ロッチのフードと違って、○○菌とか □□発酵産物とかも多い。なるほど…。


今回お話をうかがって、いつか来るそのときを恐がるだけでなく
覚悟みたいなものが ちょっぴりできた気がします…。
泣きながらでも、愛犬に自分ができることが 少しわかったお蔭かと思います。。




ロッチはどんなじいちゃんになれるかな


参加のシニアワンさん達は、どの子も穏やかな可愛らしいお顔をしてました。


お土産に、消化を助けるという グリーントライプなる物をいただきました。



植物由来のものかと思ったら、原材料は 反芻動物の胃!
臭いがすごいらしいのですが…開封したら また書きます。




スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<嬉しそう | シュナ暮らし | ハーネス買い替え>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| シュナ暮らし |